妊娠中は日々の生活において注意すべき点が多々あります。ほんのちょっとしたことでお腹や腰を痛めることや、場合によっては流産につながることもあります。母子共に体に負担が出ないような生活を心掛ける必要があります。今回の記事では日々の生活上で妊婦が気をつけるべき点重いものを持つときの対策やコツなどを詳しくご紹介します。

日々の生活における注意点

姿勢や運動について

妊娠中に無理な姿勢を取るとお腹が張ったり、筋肉がつったりします。例えば急に背伸びをする、重いものを持つ、などの行為がお腹の張りや腰痛につながる可能性があります。

特にお腹への負担のかかりすぎはそのまま赤ちゃんへの負担にもつながります。妊娠中の体であるからこそ自身の日々の行動に無理がないように気をつける必要があります。

ウォーキング中の妊婦適度な運動はお産の体力作りのために効果を発揮する一方、あまりに激しい運動は体を痛めやすく流産の危険性もあります。転倒の恐れがあるスポーツ、お腹にボールが当たるような球技、心身共に疲労が蓄積しやすい運動はできるだけ控えましょう。妊娠中の運動でおすすめできるのが軽いウォーキング室内でのストレッチ体操などです。

食べ物、飲み物について

糖分や塩分の摂り過ぎは「妊娠糖尿病」「妊娠高血圧症」のリスクを高めます。いずれの病気も早産、流産、胎児の肥満化といった危険性があります。成分の量に気をつけながら商品を購入し、料理においても味付けを慎重に行いましょう。インスタントラーメンやカップラーメンは塩分や添加物が多いので注意しましょう。

ウナギの蒲焼きビタミンAと水銀が含まれる食品に注意が必要です。うなぎやレバーといったビタミンAが豊富に含まれる食べ物を過剰に摂取すると奇形児になる可能性が高くなるという報告があります。また、マグロやカジキなどを使った加工品には水銀が含まれることが多く赤ちゃんに悪影響をもたらします。

カフェインやアルコールを摂取すると赤ちゃんのほうはそれらの成分を体外に排出するのにかなりの時間がかかります。赤ちゃんの体内にカフェインやアルコール成分が長くとどまることで、それが未熟児や障害児の原因になる場合があり、胎児性アルコール症候群の発症につながる危険があります。

移動手段や旅行について

車の運転でシートベルトをするときはお腹の膨らみを避けてきつく締めすぎないようにしましょう。また、振動が激しくなりやすいデコボコ道はなるべく避け、母子に負担がかからない滑らかな道路を選ぶようにしましょう。妊娠初期は特に体調が悪くなりやすいのでこの時期の長時間の運転には要注意です。というのも運転中に急に気分が悪くなることもありそれが交通事故の原因になるからです。

自転車は転倒の恐れがあり危険です。車での移動ができない場合は電車やバスなどの公共機関を使いましょう。

旅行旅行に行くかどうかは自己判断になりますが、妊娠初期は体調が不安定になりやすいので旅行日程や旅行先の環境を事前に詳しく調べておく必要があります。体に無理のない範囲で適切な旅行プランを立てましょう。

妊娠中に重いものを持つリスクとは?

妊娠中はできるだけお腹に力がかからないような生活を心掛ける必要があります。お腹に力がかかることを「腹圧」といいますが、妊婦さんの場合は重いものを持つことで腹圧がかかりすぎると子宮の筋肉が収縮してしまいそれが原因で流産になる可能性があります。妊婦さんがまず注意すべきは大切な命が宿っているお腹であり、このお腹に負担をかけないような日々の慎重な行為が求められます。

お腹と同じように注意したいのが腰です。重いものを無理に持つと腰を痛めてしまう可能性があります。妊娠後は体形や骨盤の形が変化するので通常よりも腰痛になりやすいのです。腰痛が長引くと体内の血流が悪くなり、赤ちゃんにも十分な血液と酸素がいきわたらなくなります。腰痛は自分の動作が困難になるだけでなくお腹の中の子どもにも負担をかける可能性があるということを知っておいてください。

腰痛の妊婦重いものを持ったときにバランスを崩して転倒してしまうと、お腹や腰を痛めるだけでなく別の二次災害が発生する可能性もあります。妊娠中はただでさえ体内環境と体調が不安定ですから、軽い転倒でも出血や子宮の収縮、場合によっては破水ということも起こりえます。日々転倒の危険がないかを確かめ、無理があるようなら周囲の人にサポートをしてもらうことが大切です。

妊娠中は自分だけでなく赤ちゃんにたくさんの養分とエネルギーを供給しています。それはつまり通常よりも疲れが出やすい体であるということです。エネルギーが消費されやすい体で長時間重いものを持つ作業をするのは疲労の蓄積につながり母子共によい影響をもたらしません。できるだけ疲労やストレスが重ならないような生活を心がけていきましょう。

重たいものは何キロまで持っていい?

女性労働基準法では18歳以上の女性の場合、継続作業で「20キロ」まで、断続作業では「30キロ」までと制限されています。また、母性健康管理指導事項連絡カードでは重量物を扱う仕事をする場合、継続作業で「8キロ」まで、断続作業で「10キロ」までとされています。

アメリカのガイドラインでは片手で「6.7キロ」まで、両手で「13キロ」までと記されています。もしも重いものを持つ業務をこなさなければならない場合は、法律に定められた数値を理由に事業主に申し出ることで作業を停止してもらうこともできます。事業主は法律を無視することはできませんから、自身の仕事においてはどれくらい重いものを扱っているかを調べておきましょう。

お腹を触る妊婦法律でこのように具体的な数値が示されてはいるものの、重いものを持ったときの負担というのは個人差があり「何キロまでなら大丈夫」と明確にいえるものではありません。示されている数値にかかわらず妊娠中に自分が「重い」「きつい」「お腹に負担がかかる」と感じたならばそれを目安にして作業は中断すべきです。数値的に問題はないからといって無理して作業を続けるのは控えましょう。

重いものを持つ際の目安に「お腹にどれだけ力が入っているか」という点が挙げられます。つまりどれだけ腹圧がかかっているかどうかです。重いものを持ったときに腹圧がかかりすぎているなと感じたならば作業を中断し、無理をせずほかの人にサポートしてもらいましょう。

もしも最初からお腹に痛みがあるときや、出血がある場合は重いものを持ってはいけません。そういう状態ではむしろ安静が必要ですし、まずはお医者さんで見てもらうべきです。

特に妊娠初期は体調が悪くなりやすく、さらに流産しやすい時期でもあるので無理をすると最悪のケースにつながることもあります。お腹の張り、痛み、出血など、日々の生活の中で自身のお腹の状態がどのようであるかをまずは見極めることが大事になります。

重いものを持つときのコツや対策は?

旦那さんに買い物を頼めないときは自分で買い物をしなければなりません。重たい買い物袋を両手で持つことは少なからずお腹と腰に負担がかかってしまいます。

スーパーで買い物をするときはビニール袋ではなく自前のトートバッグを用意したほうがいいでしょう。肩に掛けられるトートバッグであればお腹への負担も減ります。お米やビール箱といったより重たいものは無理せずほかの人の手を借りたほうが賢明です。

普段使っているバッグも妊娠後は別の物に替えることを検討してみましよう。女性にとってバッグは必需品ですが、妊娠後はお腹に負担がかからない軽めのものや肩に掛けられるバッグのほうが負担も少なくなります。

また、妊娠初期は体調が不安定になりやすく貧血やめまいによって倒れそうになってしまうことがあるので、もしものときに備えて両手の自由が利くバッグのほうが危険も少なくなります。両手が塞がらないショルダーバッグやリュックサックがおすすめです。

リュックサックの妊婦公共機関で移動する場合、荷物を高い場所にある網棚に置く人もいますがこれは危険です。重いものを網棚にあげるということはそのモーションでそれだけお腹に力が入るということです。重いものを上げ下げする動作はお腹だけでなく腰にも負担がかかります。

重い荷物は必ず足元に置くようにしましょう。自宅で重いものを上げ下げする場合も同様です。高いところに重いものをあげなければいけないときはできるだけ家族の力を借りましょう。

お米などの重たいものをどうしても自分一人で持たなければならないときは、なるべくお腹と腰に力が加わらないような持ち方を心がけてください。重たいものを持ち上げるときのコツは、立った状態で持ち上げるのではなく最初に必ず膝を床につけてから持つことです。こうすることでお腹にかかる力が減ります。「一度膝を落とす」という習慣をつけるようにしましょう。

妊娠中に上の子どもを抱っこしてもいい?買い物対策は?

妊娠中に上の子どもに抱っこをせがまれることがあるかもしれません。子どもによっては体重が20キロを超えることもあります。そうなるとお米袋を抱えるのと同じような負担がかかってしまいます。かといって抱っこしてあげないと子どもが寂しがってしまうかもしれません。子どもの体重が小さいうちは問題ありませんが、ある程度大きくなってからの抱っこは避けたほうが無難です。

どうしても抱っこをせがむ子どもに対しては別のスキンシップを取ってみましょう。座ってから膝の上に子どもを乗せる、一緒に添い寝をする、抱っこではなく膝を落としてから抱きしめてあげる・・・などスキンシップの方法はさまざまあります。

ネットスーパーを利用する妊婦どうしても買い物に行けないときはネットスーパーや宅配サービスを利用してみましょう。ネットスーパーであれば好きなものを家にいながら注文して発送してもらえます。特にお米などの重量感があるものはネットで購入するのが便利です。ネットスーパーの場合、お店によって割引サービスもあります。

生協(生活協同組合)の宅配サービスは配送料が高めになりますがネットスーパーよりも新鮮で安全な食品を購入することができます。また、子育て割引など各家庭のライフスタイルに合わせた配送プランが豊富に実施されているのもメリットです。

ミルクや離乳食を作るにはウォーターサーバーがおすすめ

赤ちゃんは体の免疫力が低いのでちょっとした細菌や不純物でも悪影響をもたらす場合があります。それは水でも同じで通常の水道水に含まれる塩素やクロロフィルムなどの不純物は赤ちゃんの体にとって有害になることがあります。赤ちゃんのミルクや離乳食を作るときは安心安全な水を使いたいものです。

離乳食安全な浄化された水を作るには水道直結型のウォーターサーバーがおすすめできます。水道直結型のウォーターサーバーは水道水を直接ろ過してピュアな水を作ってくれる装置であり、それによって赤ちゃんに全く害のないミルクを作ることが可能になります。

ウォーターサーバーにはボトル型と水道直結型がありますが、ボトル型は重たいボトルを何度も入れ替えて運ぶ必要があり妊婦さんにとっては負担が大きくなります。その点、水道直結型のウォーターサーバーは水道管に直接つなげる形になるので面倒くさいボトルの交換がいりません。そういう意味では妊婦さんにピッタリといえるのが水道直結型のウォーターサーバーです。

数多く販売されている水道直結型ウォーターサーバーのなかでも特におすすめできるのが「Cool Qoo(クール・クー)」です。Cool Qooは世界最高水準の技術を使った強力なROろ過サーバーを実現しています。牛乳を水に変えてしまうほどのCool Qooのろ過装置は、塩素などの化学成分だけでなく金属や放射性物質まで完全にろ過してくれます。これにより免疫力が小さい子どもにも安心してミルクを作ってあげることができます。

ミルクを作る際は水だけでなくミルクの粉の除菌も大事になります。商品によってはミルクの粉に細菌が混じっていることが多いのです。そのため粉を溶かすときは70度以上の熱湯で溶かさなければ除菌ができません。Cool Qooのウォーターサーバーは冷水と温水の切れ替え機能があるだけでなく、温水は85度前後まで上げることが可能です。Cool Qooのウォーターサーバーを使えば水も粉も完全に除菌してミルクや離乳食が作れるようになります。

重たいボトルを持つのはつらい、赤ちゃんに本当に安心安全なミルクや離乳食を与えたい・・・Cool Qooはそんな子育て家族に最適なウォーターサーバーといえます。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

COOL QOO(クールクー)  >>公式サイトはこちら
初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

おすすめ関連記事