妊娠中に重いものを持つと多くのリスクがある

腹圧によってお腹が張る

重いものを持つときには必ずお腹(腹筋)に力が入ります。
お腹に力が入ることを「腹圧」といいますが、これは分娩や排便の際にかかる“いきむ力”です。この腹圧があまりにも強くかかってしまうとお腹が張るだけでなく、お腹の近くにある子宮にまで悪影響を及ぼす危険があります。
お腹をおさえる妊婦子宮はお腹と同様に筋肉でできているので、腹圧といきむ力が強すぎることによって子宮の筋肉が過度に収縮してしまい、それが原因で流産や早産になってしまうことがあるのです。そのため日々の行動においては腹圧に注意を払い、できるだけいきまないような動作を心掛けることが大切です。

「安定期に入ったから重いものを持っても大丈夫」と思う人も多いようです。しかし、たとえ安定期に入ったとしても重いものを持つのは極力避けるようにしてください。

腰痛になってしまう

重いものを持つと腰痛になる可能性があります。
特に妊婦さんは妊娠による体形の変化、ホルモンバランスの変化で骨盤が開きやすい状態になっています。

そのため日々の生活のちょっとした行動で腰痛になってしまいがちですが、重いものを持つと余計に腰に負担がかかってしまい腰痛になる可能性が高まります。

腰痛の女性なぜ腰痛に注意が必要かというと、腰への負担が大きくなると体内の血行が悪くなり、場合によっては血液が赤ちゃんにいきわたらなくなることもあるからです。

血液が十分にいきわたらないということは赤ちゃんへの酸素の供給も不十分になるということです。そのため赤ちゃんにも大きな負担がかかってしまいます。

また、いったん腰痛になってしまうと日々の普通の動作も難しくなってしまいます。妊娠中はただでさえ動きに制限が出ますから、そこに腰痛まで加わるととても苦労することになります。

妊娠中はどうしてもお腹のほうばかりが気になってしまいますが、日々の生活においては腰への負担にも意識を向けるようにしましょう。

転倒による二次災害

重いものを持つことによって転倒してしまった場合、お腹の張りや腰痛以外の二次災害が発生することがあります。

もともと妊娠初期の母体は体内でさまざまな変化が起こっており体調も不安定ですから、転倒によるダメージが加わると子宮収縮や出血などの危険性が高くなります。

あまりに激しい転倒だと破水の可能性もあります。妊娠中は心身共にさまざまな変化が出やすいので、持ち慣れている物だからといって過信して持ち上げるとそれが転倒の原因になることがあります。

安易に一人で持ち上げようとするのではなく、できるだけ周囲の人に助けてもらいながら物事をこなしていきましょう。

ストレスを感じる女性ストレスや疲労の蓄積妊婦は自身の養分を赤ちゃんに与えて成長させているわけですから、それだけエネルギーを多く消費し疲労が出やすくなります。

そのような状態で重いものを持ち上げる生活が続くとそれが疲労とストレスの蓄積につながります。疲労やストレス自体が赤ちゃんに直接悪影響を与えるということはありませんが、より健全にお腹の中の赤ちゃんを育てるためにもできるだけ養分とエネルギーを消費しすぎない生活を心掛けることが大切です。

おすすめ関連記事